S
H
I
N
G
診断
検索
比較
横向き寝には専用枕がおすすめ!正しい選び方と使い方を徹底解説

横向き寝には専用枕がおすすめ!正しい選び方と使い方を徹底解説

更新日: 2023.11.16
masaのプロフィール画像masa

睡眠時の姿勢には、仰向け・横向き・うつ伏せなど様々ありますが、中でも横向寝はメリットが多くあります。

実は、横向き寝のメリットをさらに強化するための横向き専用の枕があります。横向き寝専用の枕を利用すると、より快適な睡眠ができるでしょう。

そこで当記事では、枕に横向きで寝るメリットや横向き寝に適した枕の選び方を徹底解説します。

枕に横向きで寝ることが多い方は、ぜひ参考にしてください。

masaのプロフィール画像
筆者睡眠健康指導士

睡眠健康指導士として、睡眠のサポートや体に合った寝具の選び方に関して情報発信。オーダーメイド枕の企画、販売など一貫して担当。


枕に横向きで寝るメリット

まずは、枕に横向きで寝るメリットを解説します。枕で横向きに寝るメリットは以下の2つです。

枕で横向きに寝るメリット

  • いびき対策になる
  • 腰への負担が少ない

枕で横向きに寝るメリットを詳しく見ていきます。

メリットその1:いびき対策

枕に横向きで寝るメリットは、いびき対策になる点です。

いびきをかく原因は、様々な原因で気道が狭くなり、狭くなった気道に無理矢理息を通すことで喉や鼻が振動するためです。

気道が狭くなる原因は以下のとおりです。

気道が狭くなる原因

  • 仰向けで寝た際に舌が喉に落ちるため
  • 首周りの脂肪が気道を圧迫するため
  • 下顎の筋肉が緩み、気道の上に乗りかかってしまうため
  • 口呼吸により舌が気道に落ちやすくなるため

横向きに寝ると、気道が狭くなる原因が解消されやすくなります。なぜなら、枕に横向きで寝ると、舌が喉の奥に沈みにくく気道が確保されたり、鼻呼吸で眠れたりするためです。

いびきが気になっている方は、枕に横向きで寝てみましょう。

メリットその2:腰への負担が少ない

枕で横向きに寝ると、腰への負担が少なくなります。

横向きの寝相は、腰の位置や角度を自由に調整できるため、背骨の自然なカーブを保ちやすいと言われています。

そのため、仰向けに寝るよりも横向きの方が腰への負担が少なくなり、腰痛が改善する可能性があります。

ただし、横向きに寝ると身体がゆがみやすい・下にしたほうの肩や腕に負担がかかるというデメリットもあるためご注意ください。

横向き寝に適した枕の選び方

この章では、横向き寝に適した枕の選び方を解説します。横向き寝に特化した専用の枕が多数存在するため、より快適な睡眠をしたい方はぜひ参考にしてください。

横向き寝に適した枕の選び方は以下の3点です。

横向き寝に適した枕の選び方

  • 一直線になる高さの枕を選ぶ
  • 形ごとの機能性を理解する
  • 好みの素材を選ぶ

横向き寝に適した枕の選び方を詳しく見ていきます。

選び方その1:一直線になる高さ

横向き寝に適した枕は、頭と背骨が一直線になる高さになる枕です。横から見たときに、頭から首、背骨が一直線で床と平行な状態になっていれば、適切な姿勢を保てていると言えます。

この姿勢を保つためには、肩幅をしっかり確保できる枕の高さが必要になります。枕の高さが適切でないと、起床時にだるさを感じたり、肩こりや首のこりの原因になったりします。

また、横向きでよく眠るためには、寝返りをした際に身体に負担をかけないサイズの枕を選ぶことが重要です。寝返りしても適切な姿勢を保てる枕の幅は、大体60㎝以上だと言われています。人によって肩幅は違いますが、大きめのサイズの枕を選ぶと安心でしょう。

選び方その2:形ごとの機能性

横向き寝に適した枕は、実は形ごとに機能性が異なります。そのため、形ごとの特徴や機能性を理解したうえで選択することが重要です。

今回紹介する、横向き寝に適した枕の形状は以下のとおりです。

横向き寝に適した枕の形状

  • 長方形
  • くぼみ型
  • 波型
  • L字型やU字型

横向き寝に適した枕の形ごとの機能性について詳しく見ていきます。

長方形

長方形の枕は、最も一般的な形として知られています。

仰向けや横向き、うつ伏せなどの幅広い寝相で利用できるのが特徴です。

枕カバーの種類も豊富で非常に多くの人が利用しているため、長方形に慣れている方が多いでしょう。

ただし、どんな姿勢にも適している分、特定の寝相や体型に特化しているわけではありません。特定の方には適していない可能性もあるため、ご自身の寝相や体型を考慮するのが重要です。

くぼみ型

くぼみ型の枕は中央にくぼみがあるため、頭や首を適切な位置に保ってくれる特徴があります。仰向け・横向きどちらにも対応できるように設計されており、両サイドが高めになっているのがポイントです。

仰向けの場合は首と頭をしっかり固定するため、負担を軽減し快適な睡眠が実現するでしょう。

波型

波型の枕は、横から見ると真ん中がへこんでおり、首と頭にあたる部分が高めになっているため、波型に見えるのが特徴です。枕が高くなっている部分に首をあてることで、フィット感を得られるでしょう。

特に、ストレートネックによる首の痛みでお悩みの方におすすめです。

波型の枕は、仰向け・横向きどちらにも対応しているため、両方の寝相で睡眠をとりたい方にも向いています。

L字型やU字型

L字型やU字型の枕は、真ん中に隙間があり不思議な形状をしているのが特徴です。L字型やU字型の枕には以下の特徴があります。

L字型やU字型の枕の特徴

L字型:枕の先端が曲がっているため、横向きに寝た際に頭や首を固定しやすい

U字型:抱き枕が2本ついているような形状。その隙間で寝ることで、フィット感を得られる

L字型やU字型の枕は背中も支える効果があり、適切な寝相を保ちやすく、身体への負担が少なくなるメリットがあります。

選び方その3:好みの素材

横向きの枕を選ぶ際に重要なのは、好みの素材を選ぶことです。

枕に使われる主な素材は以下のとおりです。

枕に使われる主な素材

  • そばがら
  • ポリエステルわた
  • パイプ
  • 低反発ウレタン
  • 高反発ウレタン
  • 羽毛・羽根

枕に使われる主な素材の特徴をまとめた表をご覧ください。

素材

特徴

注意点

そばがら

通気性が高く、熱を素早く放散できる

そばがらの匂いが、好まれない場合がある

ポリエステルわた

・ふんわりした弾力性が持ち味

・軽量で洗濯が簡単

通気性がやや劣る

パイプ

・硬い素材

・通気性が非常に優れている

硬すぎて好みが分かれることがある

低反発ウレタン

・包まれるようなフィット感がある

・圧力分散に優れている


通気性が悪く熱がこもりやすい

高反発ウレタン

・硬め

・長時間使用しても形状が維持される


通気性がやや劣る

羽毛・羽根

・やわらかく復元性に優れている

・快適な感触と柔軟性

・温度調整がしやすく冷暖房が必要な季節に適している

アレルギーを引き起こす可能性がある

このように、枕の素材には様々な特徴があります。ご自身の好みの素材を見つけ、快適な手触り、寝心地を手に入れましょう。

横向き枕を販売する人気ブランド

横向き枕には様々な特徴があるとご理解いただけたかと思いますが、横向き枕を販売する人気ブランドもあります。高品質で横向き枕選びを失敗したくない方は、人気ブランドの枕を検討するのがおすすめです。

yokonegu

Yokoneguは、横向きの枕に特化したブランドです。独自の人間工学に基づいたブーメラン形状は、あらゆる寝姿勢に適応し、快適なサポートを提供します。

Yokoneguの枕には、2段階の構造になっている腕肩ポケットがあり、肩をサポートしてくれると同時に、腕も快適な位置に置くことができます。さらに、高さ調節も簡単に行えるため、ご自身の肩幅や体型に合わせられるのも魅力です。

Yokoneguの枕を実際に試したユーザーの口コミ・評判では、肩こりや首の痛みに悩む方から高い評価が多くなっています。

ニトリ

ニトリでは、波型・L型・U型の横向き枕を提供しています。

波型の枕は低反発でフィット感にも優れており、快適な睡眠をサポートします。さらに、3層構造で高さの調節が可能なため、ご自身にピッタリの高さの枕が欲しい方におすすめです。

また、耳ポケットと鼻ポケットが用意されている枕もあり、横向きで寝る際の耳や鼻への圧迫感を軽減します。

L型・U型の枕は、横向きに寝た際の身体への負担が少なく、自然な姿勢を維持できるよう設計されています。素材にもこだわっており、身体へのフィット感に優れています。快適な睡眠環境を求める方におすすめです。

西川

西川で提供しているのはくぼみ型の枕です。

西川のくぼみ枕にはいくつか特徴がありますが、4つに区分けされたキルト構造で、細かい高さ調整ができるのが最大の魅力です。

パーツごとに身体の構造は変わるため、部分的に高さを調整できるのは、西川ならではのデザインと言えます。横向きはもちろん、仰向けで寝たい方にもおすすめできる枕です。

さらに、西川のくぼみ枕は洗濯可能なため、清潔な状態を保つことができます。

横向き枕で痛い時の対処法

横向き専用の枕で寝ると快適な睡眠をとれる魅力もありますが、ご自身に合っていないと身体が痛くなる可能性もあります。本章では、横向き枕で痛い時の対処法を紹介します。

肩が痛いとき

横向き枕で肩が痛いときの対処法は以下の2点です。

  • 抱き枕を使う
  • 柔らかいマットレスを使う

抱き枕を使う

横向き寝で肩が痛くなる時は、抱き枕を使うのがおすすめです。

抱き枕は、肩をしっかり包み込む形状になっており、寝ている間も肩を支えてくれます。そのため、肩の周りの圧迫を防ぎ、力を抜いた状態で寝ることが可能になります。

腕の下の方に当たる部分の力も抜けるため、筋肉の緊張が解け、肩の痛みが改善されるでしょう。

柔らかいマットレスを使う

枕でも身体への負担は軽減できますが、柔らかいマットレスに変えることでも、身体の痛みの改善に繋がります。

柔らかいマットレスは、体重を均等に分散しやすく、肩にかかる圧力を軽減する効果があります。

また、横向きに寝る際に柔らかいマットレスを使うと、背骨のカーブを適切な状態に保ちやすく、身体全体への負担を軽減できます。

朝起きた際に肩こりや首回りがいたい方は、柔らかいマットレスを使ってみてはいかがでしょうか。

耳が痛いとき

耳が痛いときは、耳の部分がくぼんでいる枕がおすすめです。この「耳ポケット」がついていることで、横向きに寝た際に耳の圧迫を防ぎ、耳の痛みが軽減されるでしょう。

ただし、耳ポケットのサイズは人によって合わない場合があるため、購入前にご自身のサイズに合うかを確認しておくと安心です。

自分に合った横向き寝枕で毎日の睡眠を快適にしよう

枕に横向きで寝ることは身体への負担を軽減し、よく眠れるメリットがあります。一方、横向きの寝相に合っていない枕を使用すると、逆に疲れが取れにくくなるなどの注意点もあります。

横向きの寝相で寝るのが好きな方は、横向き寝専用の枕を利用することで、より快適な睡眠ができるようになるでしょう。

ただし、枕の種類や選ぶ基準は様々なため、ご自身に合う枕を見つけるのは時間がかかります。自分に合う枕をすぐに手に入れたい方は、オーダーメイドの枕もおすすめ。

本記事で解消できなかったお悩みや、マットレスに関する疑問がありましたら、公式LINEにてお答えします。

ぜひお気軽にご相談ください!

公式
マットレス選びの無料相談、実施中!