S
H
I
N
G
診断
検索
比較
マットレスの干し方を解説。干す方法や種類別オススメの乾燥方法を解説

マットレスの干し方を解説。干す方法や種類別オススメの乾燥方法を解説

更新日: 2023.11.12
masaのプロフィール画像masa

マットレスは、快適な睡眠環境をつくるうえで欠かせないアイテムですが、長期間使用するとホコリやダニ、湿気によるカビが発生する可能性があります。カビやダニの発生を防ぎ、清潔な状態を保つためにも、マットレスは定期的に干しましょう。以下では、マットレスを定期的に干す必要性について詳しく説明します。

masaのプロフィール画像
筆者睡眠健康指導士

睡眠健康指導士として、睡眠のサポートや体に合った寝具の選び方に関して情報発信。オーダーメイド枕の企画、販売など一貫して担当。


マットレスは定期的に干すことがおすすめな理由とは

寝室の中心的存在であるマットレスは、長期間使用するとホコリやダニ、湿気によるカビが発生する可能性があります。それらを防ぐためにも、マットレスは定期的に干すことがおすすめです。以下、干し方やその理由について詳しく説明します。

①カビが生える可能性がある

寝ている間、私たちは多くの汗をかくため、マットレスは日々湿気を吸収しています。この湿気がカビを発生させる原因です。特に、高温多湿の季節にはカビの繁殖が活発化し、放置すると健康に害を及ぼす危険性もあります。定期的にマットレスを干すことで湿気を逃がし、カビの防止につながります。

②ダニやノミが発生する

湿気や汚れがたまったマットレスは、ダニにとって最適な環境です。ダニを放置するとどんどん繁殖して、アレルギー症状やかゆみなどを引き起こすおそれがあります。また、ノミも人間の血を吸って増殖するため、マットレスに生息する可能性があります。これらの害虫を退治するためには、マットレスを干して乾燥させたあと、掃除機などで吸い取る方法が効果的です。

③マットレス自体の劣化が早まる

湿気や汚れにより、マットレスの素材自体が劣化することもあります。特に、湿気はカビやダニの繁殖を促し、マットレスの寿命を短くしてしまうため注意が必要です。マットレスの劣化を遅らせ、長く使い続けるためには、定期的にマットレスを干して清潔な状態を保つことが重要です。

マットレスの干し方を順番に解説

マットレスの適切な干し方は以下のとおりです。定期的にマットレスを干して清潔な状態をキープし、快適な睡眠環境を整えましょう。

①カバーを取り外す(取り外し可能な場合)

マットレスを干す前に、まずカバーを取り外します。外したカバーは洗濯機で洗い、生地を傷めないよう風通しの良い場所で陰干ししましょう。

②部屋の壁などに立てかける

マットレスを部屋の壁などに立てかけましょう。立てかけることで、マットレスの両面が風に当たるため、効率的に乾燥させられます。窓際などの風通しが良い場所に立てかけるのがおすすめですが、直射日光に当たらないように注意してください。立てかけておく時間は、2~3時間が目安です。

③掃除機でゴミやダニなどを吸い取る

最後に、掃除機を使ってマットレスの表面を吸引します。これにより、表面のホコリやダニ、ノミなどを除去できます。ダニ専用の吸引機を使用すると、さらに効果的です。

種類別おすすめの干し方を紹介

マットレスの種類によって、適切な干し方は異なります。以下に、種類別のおすすめの干し方をご紹介します。

一般的なマットレスおすすめの干し方(ウレタン・ファイバー系など)

ウレタンやファイバー系のマットレスは、直射日光に当てると素材が劣化するおそれがあるので、日陰で干すことをおすすめします。また、風通しの良い場所に立てかけると、湿気を効率的に逃がせます。

重いマットレスおすすめの干し方(ボンネルコイルなど)

ボンネルコイルなどの重いマットレスは、重さを支えられる壁に立てかけて干しましょう。ただし、マットレスが壁を傷つけないように、壁とマットレスの間に布を挟むことをおすすめします。

折りたたみ式マットレスおすすめの干し方

折りたたみ式のマットレスは、その特性を活かして、折りたたみ部分を開いて干します。これにより、通常は風が当たりにくい部分もしっかりと乾燥させることが可能です。

脚付きマットレスおすすめの干し方

脚付きのマットレスは、通気性が良いためカビが生える心配はそこまでありません。ただし、壁につけて利用している場合、壁との間に湿気がたまりやすくなります。そのため、そのまま壁から離して窓際に移動させ、全体に風が当たるようにしましょう。

マットレスの干し方に関するQ&A

マットレスの干し方に関するよくある質問とその回答を以下にまとめます。

マットレスの干し方に関して、よくある質問とその回答を以下にまとめました。

どのくらいの頻度で干すのがおすすめ?

マットレスは、月に1回程度干すことをおすすめします。ただし、湿度が高い季節や、汗をよくかく人は、もう少し頻度を増やしましょう。

直射日光は避けたほうがいいの?

マットレスの素材によっては、直射日光により色褪せや劣化を招くおそれがあります。基本的には、風通しの良い場所での陰干しがおすすめです。

干すのが面倒なときにおすすめのアイテムは?

マットレスを干すのが難しいときや、面倒に感じるときは、パッドや除湿シートを使用することで湿気対策が可能です。これらのアイテムには、湿気を吸収し、カビやダニの発生を抑制する効果があります。ただし、パッドや除湿シートも定期的に取り替えることが大切です。

以上が、マットレスの干し方についてのガイドラインです。適切なケアをおこなうことで、マットレスの寿命を延ばし、健康的な生活を送れるでしょう。

本記事で解消できなかったお悩みや、マットレスに関する疑問がありましたら、公式LINEにてお答えします。

ぜひお気軽にご相談ください!

公式
マットレス選びの無料相談、実施中!

注目記事

関連記事